>

好きなように自分の理想通りに

全てご自身の手でつくりあげる

最後に注文住宅について解説をいたします。
注文住宅は全てお客様によって決めていきます。
購入予定の土地の範囲ならお家の大きさから駐車場の位置、お庭の位置まで全てを皆さまの思い通りに決めることができます。
ハウスメーカの方や建築士の方などと打ち合わせを何度も行い、自宅の大きさなどに加え内装も外装も全て皆さまの希望を盛り込んでいくことができます。
工期としては自宅の大きさや土地の大きさによって、大きく異なることがありますが一般的には6ヶ月程度となります。

また全てを決めることができる反面、料金は建売住宅や規格住宅よりも高くなってしまいます。
支払いに関しても土地代と建物代が販売価格の建売住宅に対して注文住宅は土地代と建物代が別となります。

細かい部分も自分で決められる

ではここでは注文住宅のメリットとデメリットについて注目しましょう。
注文住宅のメリットとしては、とにかく自由であるということが挙げられます。
ご自身の理想の家を建てることができるというのは大きなメリットとなります。
外装から内装まで細かい部分までご自身で決めることができるため、個性を思う存分に入れることができます。
次に世界にひとつだけの家を作ることができます。
建売住宅や規格住宅になると、周りの家と同じ箇所などが存在してしまいます。
しかし注文住宅は一から決めることができるため、ご自身が作り上げた世界に一つだけの家を建てることができます。

次にデメリットとして、とにかく打ち合わせが多いということが挙げられます。
一から全てを決めるため打ち合わせにかける時間も自然と長くなります。
また決める箇所も多いために、一つの箇所を決めるにも時間がかかってしまう傾向にあるようです。


この記事をシェアする